FC2ブログ

“ド”と“レ”の間の音って!?

千葉県市川市のギター/ウクレレと作曲の音楽教室

SJRギタースクールでございます。




いきなり寒くなりましたね。

特に、朝晩は寒いです。

気温の変化が大きいので、体調を崩さないようにしないといけないですね。

先日、コンビニに行ったら、もう来年度の“おせち”の予約受付してました。。。

もうか!! 早いものです。





さてさて、本日のレッスンではこんな話がありました。


生徒:「ドレミファソラシドなんですけど、ドとレの間のド#とかの呼び方あるんですか??」





“移動ド”という話をしていた最中に出たお話です。


実はあるんですね。

そもそも、ドレミファソラシドは、書くとこの様になります。


do(ド) re(レ) mi(ミ) fa(ファ) sol(ソ) la(ラ) ti(シ・ティ) do(ド)

です。

これは“階名”と呼びます。



もうひとつの音の呼び名で“音名”という物があります。

“C”とか“D”とかが、音名ですね。





この“音名”と“階名”ですが、

割と混同しがちになったりします。





“音名”は絶対的な音のことを指します。

ピアノ鍵盤

ピアノ鍵盤でいうと、ココの音の事を指します。




一方、階名は“ドレミファ~”等と呼び、

相対的な音の事を指します。



例えば、ある一つの音を、“ド”と呼んだ時、その音からの距離で他の音の名前が“レ”や“ミ”等と決まります。



そこで

ドとレの間の音の呼び名は??

という事になるのですが、



色々と呼び名があるのですが、


英語式の場合、

♯の時、“do”、“re”等の母音を“i”に変化させます。

すると

do(ド) “di”(ディ) re(レ)“ri”(リ) mi(ミ) fa(ファ)“fi”(フィ) sol(ソ)“si ”(シ)la(ラ)“li ”(リ)ti(シ・ティ) do(ド)

となります。





また♭等で、音が下ってくる時には別の名前があります。

“C#とD♭”や、“ド#、レ♭”、等と同じように異名同音と呼ばれるものです。




♭での下りの場合、、、母音を“e”に変化させます。

※レ♭だけは、母音がすでに“e”なので“a”に変化します。



do(ド)ti(シ・ティ)“te” (テ)la(ラ)“le”(レ)sol(ソ)“se ”(セ)fa(ファ) mi(ミ)“me”(メ)re(レ)“ra”(ラ)do(ド)



“ソルフェージュ”といった、楽譜を読む練習時に

使う事が多いですね。



自分の場合、大昔の幼少期にピアノをやらされていた!?

時、毎回、読譜やら聴音をさせられていたのですが、

その時に覚えさせられました(爆)



今では、メロディやソロを弾く時に、頭の中でこの“階名”を歌いながら

弾いていたりします。


この相対的に移動させる“ド”

通称、“移動ド”に慣れると、曲を覚える時やKeyが変わった時等に

案外便利だったりしますね。



初めての人はとっつきにくいのですが、

少しずつ慣れてみてもいいですよ!!



SJRギタースクールでは

演奏技術以外にも音楽の基礎知識

もレクチャーします。

現在、ギター/ウクレレ/作曲、無料体験レッスン実施中!
http://www.sjr-guitar.com





スポンサーサイト

2016.10.14 | コメント(0) | 初心者作曲

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギターと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR