fc2ブログ

地道な積み重ねが一番の近道なんです。

千葉県市川市のギター/ウクレレと作曲の音楽教室

SJRギタースクールでございます。




突然の豪雨に備えて、折りたたみ傘をカバンに忍ばせる日々が続いてます。

梅雨明けが待ち遠しいですね。



先日、近所の学習塾が移転する。

という事でいらなくなった机・椅子・プリンター等を頂き、

教室の装備が充実してきました。


あとはコーヒーメーカーでも設置しようか。

と企んでいます(笑)





さてさて、先日のレッスンではこんな質問がありました。

先生:「譜面って読めた方がいいんですか??」



ふむ、もちろん、読めないよりは読めた方がいいです。





が、初心者の内は

ギター/ウクレレの場合、譜面を見て弾く事よりも

弾ける人の指を見てポジションを覚えたり、

指の移動の仕方を覚えたりした方が早く弾ける様になります。




要は、“芸事は見て盗め!”

ということですね(笑)




譜面が読める=上手く弾ける

ではなかったりします。



“譜面を読む行為”と“弾く行為”は全くの別物です。


たまに生徒の中で、譜面に縛られてしまい、

“フレーズ”、“リズム”を

ここは、8分音符で、、次は休符がきて・・・・

なんていう様に頭で考えてしまい弾けなくなってしまう。

という人がいたりします。



しかし、そういう方でも、実際の演奏する時のポジションを

目で見て、耳で音を聞くと簡単に弾いてしまったりします。



その後、実際に弾く音と譜面に書かれている音符を

確認すると、次第に譜面が読める様になります。



これは近くに弾ける人がいる場合なのですが、

周りに弾ける人がいない場合、これは譜面を読む。しかないです。

あっ、音源があれば音を何度も聞き返しましょう。


音源もない、譜面しかない!

そんな場合には、譜面を読むしかありません。


この場合、まず楽器を置いて歌える様になる。

という事が重要です。



まずは短いフレーズ、1小節くらいから初めてみるとよいでしょう。

歌える様になったら、その後楽器で弾いてみる。

という方法が良いですね。



地道に地道に進めていきましょう。

この積み重ねが、一番の近道だったりしますね。



SJRギタースクールでは

テクニック・読譜のコツをレクチャーしていきます。

現在、ギター/ウクレレ/作曲
無料体験レッスン実施中!

http:;//www.sjr-guitar.com

スポンサーサイト



2016.07.17 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR