FC2ブログ

音楽は気持ちを乗せる為にテクニックがある!という事が重要です。

千葉県市川市のギター/ウクレレと作曲の音楽教室

SJRギタースクールです。




いきなりですが、、
purotsu-rusu.jpg



はい。レッスン中のDAW(オケ)の画面です。(PAZ AnalyzerとQ10立ち上げてます。)

こんな感じで、レッスンではプロツールスを使いながら、生徒さんの演奏/楽曲を録音をしたりしているのですが、


先日のレッスンでの録音中にこんな事がありました。




生徒「先生、間違えないで弾けたんですが、何か違うんですよね」

自分「おー、よく、気づいたね。間違えないように弾こう!という意識が強すぎて、一番番重要なコトが忘れてないかな(笑)」


録音すると、客観的に自分の演奏を聞けますね。



この場合、“間違えないで弾こう!”という意識が先行してしまい、

“勢いだったり、音に気を入れる”事を忘れてしまった様です。



ギター/ウクレレの演奏では、その人のその時の気分が表れます。

同じフレーズを今日弾くのと、明日弾くのとでは、音が全く変わってきます。



ニュアンス、強弱、音色等が全く同じフレーズ!

これは、機械にしか出来ないですね。(笑)



どうしても人間が弾くと変わってきます。

ほんの少しのピッキングの強弱、ほんの少しの弦を弾く位置、

ほんの少しの弦の状態、ほんの少しのタイミング等‥様々な事が違うからですね。



これは、弾く時の気持ちがどのような状態なのかが、大きく関わってきますね。

特に録音して、自分の演奏を聞いてみると分かります。


寝起きでダラーっとして弾くのと、気分を高めてシャキッ!として弾く!

これだけでも音色は変わってきます。




どんなスーパーテクニックがあったとしても

気持ちを音に乗せる事をしないと、

“単純に楽器が上手いだけの人”になりますね。




大げさですが、聞いてくれる人に

“わー、かっこいい!”

と思う人は気持ちが乗っている演奏/曲をしていますね。


音楽には、両方のバランスが大事なんですね。




この“気持ちを乗せる”為には、

ある程度の演奏テクニックが必要です。



常に自分のテクニックの100パーセント限界付近で

弾くと気持ちに余裕がなくなってしまいます。



なので、多少のマージンを持つ事により、落ち着いて演奏ができます。


“気持ちを込めて弾く”為に、“演奏テクニック”を身につける!


これって楽器に慣れていく程、忘れてはいけない、物凄く重要な事ですね!
(※う-ん、自戒を込めて)




SJRギタースクールでは、

テクニックはもちろん“気持ちを乗せる事”

を大切にします!


現在、ギター/ウクレレ/サックス
無料体験レッスン実施中!
http://www.sjr-guitar.com

スポンサーサイト



2015.06.09 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR