fc2ブログ

スケールの覚え方!?

千葉県市川市のギター/ウクレレと作曲の音楽教室

SJRギタースクールでございます。




先日、教室にマイク類(ダイナミック、コンデンサー)、マイクプリアンプ、ギターアンプが

新たに加わりました。


もちろん、実際のレコーディング現場でも使える機材です。

弾き語り、レッスン中の録音にガンガン使っていきます。



さてさて、最近のレッスンで、こんな質問がありました。


生徒:「アドリブを行うのに、色々なスケール(音階)って覚えた方が良いんですか??」

自分:「覚えても、使い方を覚える事が一番重要だよ」




要は、スケール(音階)を覚えても、使い方を間違えてしまうと、上手く機能しない。

という事ですね。


では、どのようにスケールの使い方を覚えるのか?

というよりは、


自分が、あっ!カッコいい!等と思うフレーズがどの様なスケール(音階)やリズム、または場面で使われているのか??

これを覚える事がとても重要ですね。



例えば、このようなフレーズがあります。

フレーズ例

どの様に作られているのでしょうか?

まず、コードを見ると“C”と“Am”ですね。

最初の“音”がいきなり、“Eb”(11f)で始まっています。

これはCの“ブルーノート”と呼ばれるものですね。

そして、1小節目の3拍目の裏(3弦8f)も同じく“Eb”の音が鳴っています。これも“ブルーノート”ですね。

「えっ、!?ブルーノートって!?」という方はこちらからどうぞ!
※ブルーノートについてその1
※ブルーノートについてその2


そして、3、4拍目の指のポジションを見ると、

フレーズ例指板

このようなポジションになっています。

黄色い部分を見ると、“C”の省略コードが分かるでしょうか?

そうですね。

「Cのコードを基本にしたフレーズ作りになっています。」




それでは、1、2小節の全体をみてみましょう。


このような指使いになっています。

フレーズ例指板マイナーペンタ


色使いで分けたのですが、黄色い部分の音が、

“Cマイナーペンタトニックスケール”

になっていますね。

※ペンタトニックスケールはこちらから



その為、このフレーズでは、

Cマイナーペンタトニックスケールを基本にしながら、“C”のコードなども意識している。

という事が分かりますね。



また、他にも、Cメジャースケールに“ブルーノート”を加えた!

等‥色々な解釈もする事もできます。



ポイントは、単にスケールを覚えるという事よりも、

自分の好きなフレーズが、どの様なスケールで作られているか??

ここが重要に鳴ります。




単にスケールを覚えるよりも、フレーズがどの様なスケールが使われているのか?

これを意識してみると良いですね!!




SJRギタースクールでは、

フレーズ、楽曲を覚える際、単に弾ける様にするだけでなく

ミュージシャンならではの目線で解析していきます。


ギター/ウクレレ/サックス
現在、無料体験レッスン実施中!!
http://www.sjr-guitar.com

スポンサーサイト



2015.05.31 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR