fc2ブログ

楽器のメンテナンス!

千葉県市川市のギター/ウクレレと作曲の音楽教室

SJRギタースクールです。



普段、家で制作の仕事をしている時、

AVID社の“業界標準!”が売りの

“プロツールス”というDAW(Degital Audio Work stationの略)

音楽制作ソフトを使用しているのですが、

先日、最新版の“プロツールス12”というverが出ました。



プロツールス12の詳細はこちらから


使い心地など、その他プラグインソフトとの互換性、

回りの反応を見てアップデートしていこうと思います。



あっ、今度から今流行りのライセンス契約になるみたいです。
ここが一番のポイントなのかな。






さてさて、本日は

“愛機のチェック!”

のお話です。





これから徐々に暖かくなり、そして梅雨に入り、灼熱の夏に入ります。



木でできているギター/ウクレレ等の楽器には、

今以上に“楽器の状態”に気をつけていきたい所です。



という事で、自宅でもできる

“愛機”のチェック方法です。


是非、チェックしてみて下さい。




1)弦はいつ変えた??

引く頻度、使用している弦にもよるのですが、大体、1ヶ月に1回程度変えると良いでしょう。

最近では、通常よりも3倍~5倍長持ちする“コーティング弦”という物もありますね。(若干割高ですが)

(普段、自分は大体1週間に1度程度です)


2)ペグはゆるんでない??

ペグはチューニングをする時、締めたり、緩めたりします。何度も繰り返している内に、徐々に緩くなってくる事も・・・

あっ、グラグラしてるな~と思ったら、ドライバーでペグのネジを締めてあげましょう。




3)出ない音はある??

各弦の1f~最高fまで、一音一音確かめていきます。

この時にネックの反り等がある場合、フレットにぶつかって出ない音もあります。


EGの場合は、チョーキングをしながら確認するのもポイントですね。




4)最近、高音弦、低音弦が弾きづらいと感じてない??

最近高いほうのフレットが弾きずらいなー。なんて感じる場合、

ひょっとしたらネックが沿ってきているかもしれません。

ネックの中に入っている“トラスロッド”を調整するのですが、

自分で上手く出来ない場合にはリペア屋さんに持っていくとよいでしょう。

EG/AG問わず、古いギターには調整ができない物もあります。




5)ボリューム・トーンはちゃんと作動している?(EGの場合)

ボリューム・トーン・セレクターを動かした時に異音(ガリなど)は出ていないか?

もし、ガリ(異音)がある場合には、接点修復材(ホームセンタ-等で売っている潤滑油)

を吹き付けて上げるとよいでしょう。

もちろん、楽器屋さん、アマゾン等で楽器用の物も販売しています。





6)シールドを差すジャックに異音はない??

これもボリューム・トーン等と同じですね。

酷いようだと、断線している場合があります。その場合には、リペアー屋さんに直行です。




如何でしょうか??

まずはチェックする項目はこのくらいでしょうか。



楽器は、木で出来ているので、

その人が弾く癖が楽器に少しずつ染み付いていき、

「音が育つ」


なんて言ったりします。


要は、弾き方によって、木の鳴りが変わってくるんですね。

例えば、アコギ等では低いフレットの方でガンガン弾いていると、

良く使っているフレットの方の音に木が慣れてくるのですね。




あまり、神経質にならなくても良いのですが、

弦交換の際には一度チェックしてみると良いですね。


良い状態の楽器で弾いた方が音も良いですし、上達のスピードも上がりますよ!!



SJRギタースクールでは

生徒さん向けに、簡単楽器メンテ!

の仕方もレッスンで行います。



現在、ギター/ウクレレ/サックス
無料体験レッスン実施中!
http://www.sjr-guitar.com

スポンサーサイト



2015.04.30 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR