fc2ブログ

ギターという楽器

千葉県市川市のギター/ウクレレと作曲の音楽教室

SJRギタースクールでございます。



先日、雨の中遠方より来客がいらっしゃいました。

自分の生まれた場所の近くからの来客です。



多分、車で高速使っても、2時間30分~3時間くらいかかったのではないでしょうか??

遠路はるばる、うちの教室を選んで頂きありがたい事です。



ちなみにどうやって知ったのか??

聞くの忘れました(笑)



この方は、海の近くのとある施設の職員さんなのですが、

秋頃に子供達と一緒にバンドを組んで演奏する為に、

○○という曲の弾き方(簡単にかっこよく弾けるアレンジ)

を、子供たちに教える為の、弾き方を教えて欲しい!との事でした。



しっかりマスター!?して頂き、

子供たちに教えていただける事と思います。



あっ、ちなみに、うちのスクール、法人様向けの企業イベントでの出張演奏・楽曲制作・チームビルディング等の為の

音楽レッスン等行っております。

お気軽にお問い合わせください(笑)




さてさて、今回は

“ギターという楽器について”

お話したいと思います。


なんともおこがましいタイトルで、

割りと自分の考えも大きく入っていますが

戯言と思って読み進めてみてください。




最近のエレキギターには、色々な奏法があります。

基本的な演奏方法がありますが、これらは時代と共に変化していきます。



色々、ギターの“基本テクニック”と言う事で、

チョーキングやらハンマリング等のテクニックはありますが、

これは基礎部分です。


また、ギターの役割というと、6本の弦を使って(たまに5本だったり、4本だったり、もっと少ない場合も。。)

コード(和音)を鳴らしたりします。



しかし、これはギタリストだけが思っていることであり、

他の楽器の人達、または音楽を聞いている人にとっては、あまり重要ではないんですね。



特にエレキギターの場合、

大多数の方が、

“ギュワーン”といった“ノイジーな音”

を想像しています。


これに和音が綺麗に響いている。とかはあまり考えていないのですね。


もっと、抽象的に

あの“ノイズ”がかっこいい。

そんな事を実は考えていたりする様です。



また、エレキギターは“ギュワーン”という音が鳴って、

ナンボのもんじゃい。

と考える人もいます。



要は、“コードの音”という物に縛られすぎてしまうと、

その範囲でしか音楽ができなくなる。

という事ですね。



音楽を理論的に勉強する事は非常に重要な事でもありますが、

もっと、

音色、音のにおい、雰囲気等の

“音”を想像する。


事のほうが実は重要だったりします。



SJRギタースクールでは、

一般的な音楽理論もレッスンしますが、

それ以上に“1ミュージシャン”としての

音楽センスを磨くレッスンをいたします。


現在、ギター/ウクレレ/サックス
無料体験レッスン実施中!!
http://www.sjr-guitar.com/

スポンサーサイト



2015.04.25 | コメント(0) | 戯言

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR