FC2ブログ

「作・編曲の時の簡単コード付け」

千葉県市川市のギターと作曲の音楽教室

SJRギタースクールでございます。



今日の市川は良い天気ですね。

日差しも暖かいです。


アギーレ監督の後任は誰になるのでしょうか??

個人的にはラモス采配がみたいです。




さてさて、今回は、

作曲時のコードの付け方

についてです。




みなさん、作曲するときにメロディを思い浮かべるのですが、

「コードをどうしよう??」

なんて、迷われる方もいるかと思います。




コードの選択で曲全体のイメージが変わる。

というのは、決して過言ではありません。


「あっ、このフレーズちょっと駄目かも」

なんて思ったとしても、コードをつけて全体を通して聞くと案外よかったりもするものです。




今回は

コード付けに迷った時、簡単にコードがつけられる方法を解説します。


では、どうやって、コードをつけていくのか?

大きく分けてコードには3種類の機能があります。


1)安定しているコード

2)不安定なコード

3)どちらとも言えないコード



この3種類ですね。



コード単体を鳴らして、あ、コレは安定するコードだ!とか、不安定なコードだ。

とかと言う意味ではありません。




コードの流れの中で安定しているコード、不安定なコード。

という認識です。




では、どうやってそれらを見極めるのか???



まずは、メロディが何の音階でつくられているか?

が基準になります。



例えば、メロディが普通の“ドレミファソラシド”のCmajor scale
で作られている場合、その音階の基本に鳴っている音

“ド”=“C”


ですね。



このコードが一番“落ち着くコード”になります。

では不安定なコードはどうなるか??



“C”のコードの5度上、もしくは4度下の“G”が不安定なコードになります。


そして、どちらでもないコード、

これは“F”のコードになります。




C・・・・ド・ミ・ソ(基本音がルートになっているコード)
G・・・・ソ・シ・レ(基本音から4度上の音が基本になるコード)
F・・・・ファ・ラ・ド(基本音から5度上の音が基本になるコード)


これですね。



“ドレミファソラシド”全ての音階が含まれています。


そうです。

“ドレミファソラシド”でメロディが作られていれば

これらの3つのコードを使ってコード付けが簡単にできるのです。


また、違う音階で使ったときも同じです。



例えば、Dから始める“ドレミファソラシド”

「Dmajor scale」

でメロディが作られた時には

D(基本のコード)、G(4番目),A(5度目)

が3コードになります。



これら3つのコードを俗に

“3コード”

なんて呼んだりしています。



コード付けのコツは

メロディで伸ばす音や目立つ音が含まれているコードを選んでおけば大丈夫でしょう。



この3コードよく使われますし、コード進行の基本になります。

他にも色々と方法はありますが、コードが上手く付けられない!!!

なんて言う方は、まずはここから初めて見ると良いでしょう!!



SJRギタースクールでは

楽器に問わずポピュラー音楽の

作曲・編曲の技術もレクチャーしています。


現在、ギター・ウクレレ・サックス 無料体験レッスン実施中!!
http://www.sjr-guitar.com

スポンサーサイト



2015.02.06 | コメント(0) | 初心者作曲

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR