fc2ブログ

「コードストロークの右腕の使い方」

千葉県市川市のギターと作曲の音楽教室
SJRギタースクールです。

昨夜は、生徒さんとプチ忘年会??
飲んでました。


中華屋さんでご飯を食べて、

その後は、知り合いの方がやられている近くのバー、

「Cool」というお店へ。


地元の名士達が、夜な夜なここで井戸端会議。

といった様な場所との事です。

昨夜もほぼ満席でした。

いやはや、美味しいワインに楽しい話。


「また、行きましょう!!」


写真を撮るのを忘れてしまったので、画像がないです。

スイマセン・・・





さてさて、今回は「右手の使い方」のお話。

ギターは右手!

といっても過言ではありません。

左手よりも右手が重要です。


特にコードストロークをする時、

割と自然に右手を使っていると思いますが、

先日、こんな質問がありました



「ストロークの時の右手の振りってどうやるんですか??」



ギタリストによって様々な弾き方がありますね。

エレキの場合、アコギの場合、また、立って弾く時のギターのポジションでも変わりますね。



「これでなくては駄目!」という事はないのですが、

基本はあります。



基本のストロークですが、手首より上の肘から使うことになります。

肘を支点にして、円を描く様に腕を振り下ろします。

この時、手首も柔らかくして、ムチの様に腕を振り下ろすことがコツですね。



ストロークでのピックの動きがこんな風になります。


さあ、これから弾くぞ!
アップ



そして弾ききった後は、

ダウン


弾く前と弾いた後のピックの位置の違いが分かるでしょうか??

弾く前はネック側にあり、弾いた後はブリッジ側にピックが移動しています。



これは、肘を支点にしてストロークをするとこの様な形になりますね。



このストロークが基本のストロークになります。

是非、覚えてみてください。


ここから、色々なバリエーションのストロークを覚えていくと良いでしょう。




SJRギタースクールでは

楽器をこれから始める方に向けて

基礎からのレッスンを行います。


現在無料体験レッスン実施中!


スポンサーサイト



2014.12.28 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR