fc2ブログ

空ストロークとは??

千葉県市川市のギターと作曲の音楽教室
SJRギタースクールです。

昨日のレッスンはクリスマスという事で、

生徒さんにプレゼントを頂いてしまいました。

こんな感じのものです。

choko表紙

一見、なんだろう?

って感じですが、開けてみると

こんな感じ。

choko.jpg

「あら、可愛い!!」

チョコレートですね。丁度良い甘さのチョコレートで、疲れた時にはいいですね。

“チョコレートブック”という本の形をしたお洒落な箱に入っていました。

「美味しかったです。ありがとう!」




という訳で気合を入れて書いていきます!!


さて、今回は「空ストロークのお話」

エレキ・アコギ共によくある基本テクニックです。


「空ストロークって、何??」

っていうところですが、


コードをジャカジャカと演奏をする時に、

空振りのストロークを入れて、リズムを安定させるものです。


特にオルタネイトストローク(アップ/ダウンを交互に演奏する)の際に効果を発揮しますね。

ほとんどの方が、知らない内に行っているのですが、

改めてのおさらいです。

初めての人は、知っておくと便利でしょう。


こんな感じですね。

空ストローク2

「ジャン・ジャカ・ジャン・ジャカ」
というリズムですね。

駄目な例と良い例、何が違うのか?

違いは分かりますでしょうか???

両方とも交互にオルタネイトストロークで弾いているのですが、

駄目な例は、1、2、3、4拍目の頭がダウン、アップとばらばらになっています。

良い例は、1、2、3、4が必ずダウンで弾く事になっています。



ポイントはここですね。



良い例の1、2、3、4の拍の頭を必ずダウンで弾く事によって、右手のストロークの振りが一定を保ち、安定します。

そして、裏拍がアップになる。 という事ですね。


駄目な例だと、1拍目の「ジャン」で動きが止まるでしょう。そして、「ジャカ」をアップから始める事になります。

この「ジャン」で右手が止まる事が問題です。

右手が止まってしまうと、リズムが安定しにくくなります。


右手を一定の動きで動かし続ける事が、良いリズムキープになりますね。


考え方の基本は下の通りになります。

空ストローク3

この譜面だと全ての8分音符を、ダウンとアップを繰り返して弾きます。

右手が一定の動きになるでしょう。

この動きが全て元になります。


例でいくつか、紹介しますね。

空ストローク4


特に小節がまたがるタイがある時は気をつけたいですね。
空ストローク5


空ストロークはリズムキープをする上でとても重要ですね。

最初はなれないと

「あれ、次ダウンだっけ?アップ??」とか「あれ、今何拍目??」

なんて事が良くあります。


まずはゆっくり1小節単位で身体にリズムを染み込ませましょう。

できれば、1小節のリズムパターンを覚えてしまい、

譜面をみないで演奏するのがコツですね。


「中々、上手く出来ない!」


という人によくある特徴は、

譜面を目で追ってしまい、頭でリズムを考えている場合があります。


そうではなく、


リズムパターンを覚えて、譜面を見ずに体でリズムを感じる!


これが上手く弾くコツですね。


コードは自分の好きなコードで良いので、まずは練習してみましょう。



SJRギタースクールでは

音楽を、「身体で覚えていきます」


現在、無料体験レッスン実施中!!







スポンサーサイト



2014.12.25 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR