fc2ブログ

ギターの弦の選び方について

千葉県市川市のギターと作曲の音楽教室

SJRギタースクールです。



本日は、クリスマスイヴですね。

という訳で、こちらのブログのスタイルをクリスマス使用にしてみました(笑)

明後日にはまた、元に戻る予定です。



さて、前回までアレンジの話をしていたのですが、

ここら辺で一区切り。色々のアレンジテクニックはまだまだあります。



今回は、ギターの弦についてのお話。

「弦って色々種類があるけど、何を使えばよいの??」

という事を良く質問される事があります。


一般的に、アコギ・エレキ・クラシックでは、使用する弦の素材が違いますね。

エレキ・アコギなどはスティール弦を用いて、クラシックではナイロン素材のものを使います。

ウクレレではウクレレ専用の弦、(4弦をLowGにする場合にはクラシックギターの3弦を張る事もあります。)

楽器屋さんに行くとそれぞれ、“エレキ専用弦コーナー”とか、“アコギ専用弦コーナー”等で分かれているので

すぐ見つかるでしょう。



そして、ここからが弦選びのポイントですね。


一番のポイントは、

弦の太さ(ゲージ)をどうするか?


という事です。


色々の太さの弦がありますね。

アコギだと、012~053とか、エレキだと、009~042とか色々な数字がパッケージに書いてあります。

これは弦の太さを表しています。


単に数字が大きくなればなるほど、弦は太くなるという事です。


そして、弦が太くなるという事は、音も太くなります。

また、数字が小さいと弦も細くなり、音も細くなります。



弾きやすさも変わりますね。

弦が細いほうが楽な力で抑えることが可能です。逆に太くなればより力が必要になります。


初心者の方には、まず、細い弦をおススメします。

音が太い等ということよりもまずは、押さえやすさという所を重視したほうが、よりギターを楽しめますね。


エレキでいうと、009~042。アコギだと、012~054など、

一般的に言われている
“ライトゲージ”


がまずはおススメです。

※これらの弦は決して初心者用ということではありません。プロの方でもライトゲージを好んで使っている方は沢山います。

ポイントは

弦の太さと音の太さは比例する

弦の太さと押さえる力も比例する


この2点ですね。

是非、色々と試してみて、自分にあった弦を選んでみましょう。


SJRギタースクールでは、
ギター初心者・上級者問わず

基礎からのレッスンを行っております。



現在、無料体験レッスン実施中!!


スポンサーサイト



2014.12.24 | コメント(0) | 初心者ギタリスト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

SJRギタースクール

Author:SJRギタースクール
京成市川真間駅より徒歩1分
JR市川駅より徒歩4分

ギター/ウクレレと作曲の音楽教室
SJRギタースクールのブログです。

レッスンについて、雑談、どーでもいい事、講師の思いなど。。書いてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR